魚の中のガラスコーティング

人気記事ランキング

ホーム > 子犬のしつけ > 幼い頃からが有効な子犬のしつけ

幼い頃からが有効な子犬のしつけ

うちには5ヶ月のチワワがいます。2ヶ月弱で迎えいれ、その頃はまだなにか問題があるわけではなかったのですが、幼い頃から子犬のしつけはした方がいいと友人に言われていたので、早々に子犬のしつけのカウンセリングを受けてみることにしました。そこで子犬のしつけのアドバイスを頂き、2回目のワクチン終了後からは、カウンセリングを受けたお店の保育園に入園し通うことに。それから2ヶ月週1ペースで通い、家ではカウンセリングのときに教えてもらったリラックスポジションを毎日欠かさず行っている結果、人も犬も大好きでどこを触られても平気な子に育ってくれました。 

元々の性格もあるのかもしれませんが、早い段階でカウンセリングを受けいろいろとアドバイスを聞いておいて良かったと感じています。

そこのお店では、保育園だけでなくホテルやシャンプーでもお世話になっています。スタッフさんのことが大好きなうちの子は、お店に入ると尻尾をブンブン振ってスタッフさんの腕の中へ。別れ際、寂しがる様子もなく私のことを見送っています(笑)

 

嬉しそうに、楽しそうにしている我が子を見て、こちらも安心して預けられています。これから周りで犬を飼う友人がいれば、子犬のしつけは幼い頃から!と教えてあげようと思っています。


タグ : , ,